補助金ってどんなシステムに使えるの?

  • レセプトシステム

  • 勤怠システム

  • 電子カルテ

IT導入補助金は中小企業・小規模事業者様を対象に、
業務の効率化、生産性の向上ができるITツールを導入することでの費用の一部が補助される補助金制度です。
訪問看護では請求業務を効率化させるレセプト請求システム、従業員の業務管理を簡略化する勤怠システム、
情報共有や書類作成をスムーズに行う電子カルテが補助金の対象として使えます。

補助金でいくらもらえるの?

経済産業省IT導入補助金事務局が中小企業・小規模事業者に対し最大450万円の費用を補助

今年は通常枠(A・B類型)と特別枠(C類型)が設置されており、
補助率は費用の最大3/4(通常枠は1/2)となり、下限30万円〜上限450万円の金額が補助されます。

補助金が使える条件は?

補助金の対象は「中小企業・小規模事業者」となります。

訪問看護における
中小企業・小規模事業者の定義

※ 医療法人の場合は、常勤従業員数300名以下が条件
※ 医師会様は対象外となります

※ この補助金と同じ内容(訪問看護事業へのIT導入)で国、もしくは独立行政法人から他の補助金・助成金の交付を重複して受ける事はできません。

  • 資本金5千万円以下
  • 常勤従業員100名以下

申請期間はいつまで?

通常枠 5次募集 / 特別枠 4次募集
2020年7日10日(金)17:00 まで<予定>

どうすれば補助金が使えるの?

  • STEP1

    IT導入補助金について相談する

    IT導入補助金についての概要や訪問看護で使用できる対象システム、申請の条件や申請までのスケジュール等、個別相談にてご説明します。

  • STEP2

    申請の手続きをする

    IT導入補助金でiBowをご導入される場合は申請方法や申請時に必要な事業計画、必要書類について当社eWeLLがサポートします。

  • STEP3

    システムの契約をする

    IT導入補助金は採択後にシステムのご契約となります。ご契約方法や導入スケジュール、導入前の研修も丁寧にご案内いたします。

訪問看護専用電子カルテiBow(アイボウ)は
IT導入補助金を活用できるシステムです

業務効率UP
いつでもどこでも書類作業ができる
テレワーク可能
遠隔での情報収集・共有ができる
安心のセキュリティ
災害時にも安心クラウドサービス

iBow導入で訪問件数が10.9%上昇