ご存知ですか?訪問看護システムのリアル こんなはずじゃなかった!意外な落とし穴5選

  • 月末月初の書類作成時期にサーバーが重くて繋がらない
  • 担当が定まらずたらいまわしにされる
  • 開業支援があると聞いて契約したのに、導入後の対応が手薄
  • 求人広告が表示されるため、スタッフがやめるリスクがある
  • 契約後に付随サービスが多く費用がかさむ

解決できます!
まずはお気軽にご相談ください

月末月初の書類作成時期にサーバーが重くて繋がらない

30代・看護師

実はこれが一番多いトラブルです!
レセプト時期の月末~月初、全国の事業所から一斉にサーバーへアクセスされることにより相当な負荷がかかり、サーバーダウンが起きたりデータ反映までに丸1日かかる非常事態が繰り返し起きています。
事業所ごとに専用サーバーを用意しているシステムを選べば、忙しいレセプト時期に致命的なロスを生む心配が無くなります。

担当が定まらず ❝たらいまわし❞ にされる

50代・訪問看護ステーション経営者

何か聞きたくて問い合わせしても専任の担当がついていないため、電話の度に違う部署へつながりたらいまわしにされることもよくお聞きします。情報連携されていないので同じことを何度も伝えなければならず、結果的に事業所側の時間が何度も奪われます。
商談時から専任の担当がつくかどうかをご確認いただくことが重要です。密に社内で連携が取れている会社は回答までの時間がかかりません。

開業支援があると聞いて契約したのに、導入後の対応が手薄

40代・管理者

開業時のサポートがあると聞いて契約したものの、システムを導入した後から急に放置され連絡がつかなかったり開業後はほぼサポートしなくなるシステム会社があるようです。新規開業で慣れない中、本当に困りますよね。いざ導入してみると開業支援を十分にうけることができず、途方に暮れるケースが実際に起きています。
訪問看護に特化していて知見が豊富、開業支援を含むサポート体制が手厚い会社を選ぶことが重要です。

求人広告が表示されるため、スタッフがやめるリスクがある

40代・訪問看護ステーション経営者

無料お試し期間や費用の安さで契約したものの、システム画面に求人広告やリース広告が常に表示されるものがあります。別で人材紹介も行っているシステム会社の場合、求人広告が表示され、今在籍しているスタッフが条件の良い別の事業所を意識し、移ってしまうリスクが発生します。
別事業を行っていない、システムに特化した会社を選ぶことも重要なポイントです。

契約後に付随サービスが多く費用がかさむ

50代・管理者

契約した後から色々なサービスを紹介されることもあります。「契約期間の縛りナシ」など、簡単に解約できると聞いて、紐づいている人材サービスなども契約した結果、解約しづらい(実質的に解約できない)状況に陥るケースが発生しています。
結果的にトータルでみると安くはない、ということにならないよう、そういったカラクリがなく、商談時に全てをオープンにしてくれる会社を選んだ方が、結果後付けで費用がかさむことはありません。

そんなことにならないために
確実に押さえておきましょう

サーバー環境

iBowは1事業所様ごとに専用の領域を用意しているため、レセプト時期など、すべてのユーザー様が一斉にアクセスしても、動きが遅くなったりサーバーダウンが起こったりすることはありません。 毎月必ず行うレセプト業務をストレスフリーに行っていただくことができます。

契約後のサポート

iBowは導入前からのフォローはもちろんのこと、導入後のサポートもしっかり対応させていただきます。お問い合わせ時に専任の担当者がつくため、担当者が次々変わり、質問をたらいまわしにされて時間がかかるといった心配もありません。

その他充実のサポート体制

OJT研修
講義形式で動画&オンラインでシステムの使い方をレクチャーします。1か月で何度も受講することができるため、復習も兼ねて活用していただくことができます。
カスタマーサポート
システムはもちろんのこと制度に関する質問も受け付けているため、初めて訪問看護を経験される方やレセプトが不安な方も安心です。
新規開業向け「パーフェクトコース」
開業準備期間~開業までの手続き方法や訪問看護の基礎知識をまるっと学べる開業支援パックです。(各種動画・訪問看護関連で使用する書類テンプレート・新規開業専用の質問フォーム活用)
システム会社としての専門性

私たち株式会社eWeLLは、ステーションの成功と訪問看護の現場で働く看護師のために、訪問看護に特化した業務支援ツール「iBow」を開発し、提供しています。
集客のためにシステムを安く売る会社は安い分使いづらかったり、サポートが不十分ということもありますので、注意が必要です。 安さや手軽さだけで契約してしまうと解約しづらいこともありますので、付随サービスなどは予め聞いておくことが大切です。

機能/サービス一覧

看護記録作成

報告書計画書作成

レセプトシステム

帳票作成・出力

統計データ出力

スケジュール

タブレット・PC完全連動

※2019年11月 当社調べ

訪問看護専門電子カルテiBowに関する調査
調査方法: インターネット調査 | 調査期間: 2020年4月17日〜21日 | 調査概要: 訪問看護電子カルテ10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 | 調査対象: 全国の看護師男女1124名 | アンケートモニター提供元: ゼネラルリサーチ

導入実績

iBowは全国47都道府県、2,000件以上※2021年12月時点
訪問看護事業所で利用されています。

お客様の声

みんなのかかりつけ訪問看護ステーション
代表取締役社長 / 看護師 藤野 泰平様

eWeLLとは共に創っていく感覚を非常に強く感じる
訪問看護の豊かな社会づくりを支えてくれている感覚です

iBowを展開する株式会社eWeLLの社風もあると思いますが、共に創っていく感覚を非常に強く感じてます。
我々は訪問看護を通じて全ての方々が豊かに暮らす社会を作っていく。それをeWeLLは支えてくれる。
そういう二人三脚をしている感覚があります。

訪問看護ステーションみのり
統括管理責任者 / 看護師 進 あすか様

カスタマイズできるところが多く
考えている看護をiBowで言語化できました。

うちがカスタマイズしている一番は「看護内容」です。看護内容の項目内にある「iBow基本」を「みのり基本」にカスタマイズしています。スタッフたちは「みのり基本」の中から、今日は何をしたのかを意識して入力することで、みのりで考えている"精神科訪問看護とは"を言語化できるようになりました。

ソフィアメディ株式会社
ステーション支援グループ マネジャー
訪問看護ステーションひゅっぐりー 中川 征士様

緊急対応で不可欠。どこでもアクセスできるので事務所へ行かずに情報共有ができます。

どこからでも情報を取得できるところが非常に良い点だと、スタッフからも声があがってます。訪問看護において、緊急時の対応をしていれば電子カルテは不可欠なものだと思いますし、現場目線ではそこが一番重要かなと思っています。また、夕方遅くまで居残って申し送りをする必要性がないので、毎日毎日夕方にみんなで集まって長い間話す必要がなくなります。

よくある質問

  • サーバーは自分で準備しなければなりませんか?
    お客様でご準備頂く必要はありません。サーバー料金は基本料金に含まれています。お客様の専用サーバーは、データセンター内で24時間365日、有人監視にて管理いたしますのでご安心ください。
  • どんな端末で使用できますか?
    インターネットを使える環境であれば、パソコン・タブレット・スマートフォンでご使用いただけます。推奨動作環境の詳細は下記をご確認ください。
    【推奨動作環境】
    パソコン: 一般的なパソコンでご使用できます。(Microsoft Windosw8.1,Windows10,MacOS10.12)
    タブレット: iPad, iPhone, Windows10タブレット
    ブラウザ:Google Chrome, Firefox
  • 保険請求には対応していますか?
    「iBow​レセプト​​」で対応しています。連携しているレセプト請求ソフトは「ほのぼのNEXT」「ワイズマン」「すこやかサン」「ケアカルテ」です。既にこれらのソフトをご使用の場合、そのまま請求にお使いいただけます。(※連携には別途費用が掛かる場合があります。)​
  • 新規開業のサポートをしてもらえますか?
    iBowご契約を決定いただいたお客様には、新規開業に必要な書類や申請ポイントをまとめた簡単な資料をご用意しています。エリアによっては行政書士や、コンサルタントのご紹介も可能です。
フローティングエリア

お電話はこちら

まずは資料請求してみる

閉じる