お役立ち情報
Useful Information

お役立ち情報

  • 感染防止対策を徹底しよう!訪問看護も対象【新型コロナウイルス感染症感染拡大防止継続支援補助金】
    請求(加算・保険)補助金
    感染防止対策を徹底しよう!訪問看護も対象【新型コロナウイルス感染症感染拡大防止継…

    訪問看護感染症対策実施加算の廃止に伴い厚生労働省は医療において、感染拡大防止策の一環として「新型コロナウイルス感染症感染拡大防止継続支援補助金(以下、継続支援補助金)」を交付する制度を設けました。この継続支援補助金は、訪問看護も対象であることをご存じですか?今回は継続支援補助金の概要や申請方法、注意点などについて紹介していきます。「継続支援補助金について何も情報がない!」「申請方法が知りたい!」という方は、ぜひこの記事を読んで確認してください。

  • 訪問看護指示書!訪問看護が知っておきたい指示書の見方と返戻されない注意点とは?
    請求(加算・保険)基礎知識
    訪問看護指示書!訪問看護が知っておきたい指示書の見方と返戻されない注意点とは?

    訪問看護は、在宅医療を支えるためになくてはならない存在です。高齢化の進展にともなって、ますますその役割は拡大しています。機能的な地域包括ケアシステムを構築するためには、医療機関である病院と在宅医療をつなぐ役割を、訪問看護が担っていかなければなりません。訪問看護を利用者に提供するには、主治医から訪問看護指示書を交付してもらうことが必要です。そこで今回は、訪問看護指示書の種類や注意点について紹介します。

  • レセプト請求を乗り切ろう!特別地域訪問看護加算
    請求(加算・保険)
    レセプト請求を乗り切ろう!特別地域訪問看護加算

    過疎地等特別な場所で訪問看護を実施した場合には、「特別地域訪問看護加算」の算定を行わなくてはなりません。この「特別地域訪問看護加算」は、「介護保険請求」と「医療保険請求」のどちらでも必要となる項目です。今回は特別地域訪問看護加算について解説しています。

  • レセプト請求を乗り切ろう!在宅患者連携指導加算・在宅患者緊急時等カンファレンス加算
    請求(加算・保険)
    レセプト請求を乗り切ろう!在宅患者連携指導加算・在宅患者緊急時等カンファレンス加…

    利用者の病状の急変や診療方針の変更等に伴い、他の医療従事者と共同でカンファレンスを行い、関係職種間の情報の共有や利用者に対する必要な指導等を行うことが重要となってきます。在宅患者連携指導加算、在宅患者緊急時等カンファレンス加算は、いずれも訪問看護管理療養費に条件を満たすことで算定できる加算の一つです。今回は、在宅患者連携指導加算・在宅患者緊急時等カンファレンス加算について解説します。

  • レセプト請求を乗り切ろう!訪問看護の乳幼児加算
    請求(加算・保険)
    レセプト請求を乗り切ろう!訪問看護の乳幼児加算

    近年、医療機器の進歩などにより、従来なら入院を余儀なくされていた子どもたちも自宅で過ごせるようになりました。今後、小児科訪問看護の受容はどんどん高まってくるでしょう。今回は小児科訪問看護で必要な「乳幼児加算」、「幼児加算(廃止)」について解説しています。

  • レセプト請求を乗り切ろう!早朝・夜間訪問看護加算/深夜訪問看護加算
    請求(加算・保険)
    レセプト請求を乗り切ろう!早朝・夜間訪問看護加算/深夜訪問看護加算

    早朝、夜間、深夜の時間帯に訪問看護を実施した際には、時間帯を評価した加算の算定が可能です。介護保険で行う訪問看護と医療保険で行う訪問看護によって、算定要件や加算額が異なるため、制度の内容と算定条件を理解し、適切でスムーズなレセプト請求ができるようにしましょう。今回は訪問看護のレセプト請求で必要な基礎を学びたい方に向けて、早朝・夜間・深夜の時間帯の加算について解説していきます。

  • レセプト請求を乗り切ろう!複数名訪問看護加算・複数名精神科訪問看護加算
    請求(加算・保険)
    レセプト請求を乗り切ろう!複数名訪問看護加算・複数名精神科訪問看護加算

    訪問看護や精神科訪問看護をする際には加算がかかるのですが、複数名の場合にも加算がされます。また、医療保険か、介護保険によっても異なるので注意が必要です。今回は訪問看護のレセプト請求で必要な基礎を学びたい方に向けて、複数名で訪問する際の加算について解説していきます。

  • レセプト請求を乗り切ろう!難病等複数回訪問加算・精神科複数回訪問加算
    請求(加算・保険)
    レセプト請求を乗り切ろう!難病等複数回訪問加算・精神科複数回訪問加算

    訪問看護では1人の利用者に対して、1日に複数回のサービスを行うことができます。しかし、全ての利用者が複数回訪問できる刷毛ではありません。1日に複数回訪問する場合、算定できる要件があります。今回は訪問看護のレセプト請求で必要な基礎を学びたい方に向けて、難病等複数回訪問加算・精神科複数回訪問加算について解説していきます。

  • レセプト請求を乗り切ろう!精神科訪問看護基本療養費
    請求(加算・保険)
    レセプト請求を乗り切ろう!精神科訪問看護基本療養費

    精神科訪問看護ステーションは、近年需要性が高くなっているサービスです。その理由は「住み慣れた地域で自分らしい生活を送れるための体制作り」という地域包括ケアの考えが広がっていることや、入院期間が短縮され地域で療養する方が増えている、生活全体をみることで看護以外の医療・福祉サービスも検討しやすいなど、様々ですが、精神科訪問看護を行うにあたって、主治医の指示書だけでなく他にも条件があります。また、精神科訪問看護基本療養費は、訪問看護基本療養費と、時間や加算内容が少し異なるのでレセプト業務の際は注意が必要です。今回は訪問看護のレセプト請求で必要な基礎を学びたい方に向けて、精神科訪問看護を行う際の条件や基本療養費、その種類等について解説していきます。

  • レセプト請求を乗り切ろう!訪問看護基本療養費
    請求(加算・保険)
    レセプト請求を乗り切ろう!訪問看護基本療養費

    訪問看護に要する費用は、2つに大別されます。一つは医療保険で行う訪問看護、もう一つは介護保険で行う訪問看護です。訪問看護にかかる費用のことを、医療保険では、「訪問看護療養費」といい、介護保険では、「介護報酬(介護給付費)」といいます。レセプト業務では訪問看護療養費や介護報酬だけではなく、加算項目の理解も求められます。しっかりと把握しておかなければ適切な請求をすることができません。今回は訪問看護のレセプト請求で必要な基礎を学びたい方に向けて、訪問看護療養費の中の訪問看護基本療養費について解説します。