訪問看護お役立ち情報

2017.10.23

病院ナースから訪問ナースへの転進

病院ナースから訪問ナースへ、働き方をチェンジしようと思っている方が増えています♪

 

でも、『訪問看護は分からないことが多い』との不安な声も多く、その為に第一歩が踏み出せずにいる、と

聞いたことが何度かあり、今回は前向きになれるような「訪問看護の特徴」についてお伝えします。

 

 

まず病院と在宅の大きな違いは、「ケアの場所が違う」だけではないことです。

医療機関は、治療が中心の「病気を治すところ」ですので、患者さんには病院のルールを守って生活していただきます。

一方訪問看護は、利用者さんの日常生活の場へ看護師が訪問することから、そのお宅のルールに沿うことになります。

実は、ケアを行う場所が違うだけではないんです。

 

個々の住居環境は十人十色、病院のような設備が整っているわけではありません。

衛生面/安全面からも十分とは言えないことも多く、ケアの一つ一つがご家族や訪看メンバーとの創意工夫の連続で、結果それぞれのご家庭にマッチしたケアの形になっていきます。

そして医療の側面以外にも、生活のサポート・福祉関係の提案・精神的ケアやコミュニケーションサポートなど、

利用者さんが求める生活に、より近づけていく支援が訪問看護の役目でもあります。

これらは、看護師という専門職の立場で利用者さんと関わるなかで、お互いの信頼感を高めていく過程でもあります。

 

 

二つ目、訪問看護は「ナース一人ケア」ではありません。

あるナースが、前職でのナース仲間に「訪問看護をやっています。」と言うと、「へぇぇ~怖くないの?」と驚かれ

戸惑った、と言っていました。

そう。。。『一人で判断/実践するのが訪問看護の仕事』と、思っている看護師が意外にも多いんです。

そして、その方々の多くが、学生時代に訪問看護を実習で経験されている方でした。

現職訪問看護師のかた、これはとても残念なことだと思いませんか?

 

病院は、病棟や外来でのチームケアがあります。

訪問看護は確かにナース一人で訪問はしますが、そもそも医師からの訪問看護指示書のもと「チーム」で看護計画に則って連携したケアを行っていきます。

その実践過程では、医師や病院看護師、利用者さんだけでなくそのご家族、そしてケアマネージャー、福祉機関など、

チームメンバーだけでなく、たくさんの職種の方と協力し連携して利用者さんを支えていくのです。

一人で背負おうとする必要はなく、分からないことや迷うことは「仲間」と確かめ合いながら進めていきます。

日々のケアで先輩や仲間と情報共有する中から、看護の優先のつけ方や緊急時の判断基準なども吸収して

必要な時に備えていってます。

これは病院ナース時代と同じステップアップの過程だと思いませんか?

 

違う働き方を学ぶ&受け入れる気持ちで訪問看護に飛び込んでくれるなら、とても嬉しいと思います♪

そして採用するステーション側も、不安を抱えているナースを慮って「教育/育成」に時間を費やしていけたらいいな、と思うばかりです。

  

そして三つ目、訪問看護に踏み込めないことの一因に「残業」を上げる方もいました。

平成28年1月_全国訪問看護事業協会【訪問看護ステーションのICT普及に向けて】

というプロジェクト報告によると、

訪問看護ステーションにおける電子カルテ使用を含めたICTシステムの活用は、医療機関のそれよりもかなり遅れており

日々の記録になる『訪問看護記録Ⅱ』を手書きしているステーションが全体の約75%を占め、

記録に時間がかかるなど業務効率の悪さや、それにより残業が多くなってしまう現状を指摘しています。

 

逆に言うと、全国の約25%のステーションには、既に何らかのICT導入がされており、

残業の削減や、オンコール時の情報共有に大きく寄与していることになります。

ただしICT活用と言っても、レセプト請求が中心のICT導入などもありますが、

「ナースが書ける看護記録」を業務効率の面から支える【iBow】のようなシステムもあります♪

 

そんな全国のステーションの現状を打開しようと、

厚生労働省を始めとした国の機関は、地域包括ケアシステムの構築に向けて、

ICT活用を促進した効率の良い訪問看護サービスの提供のために日々奔走しています。

 

そのために、医療機関で電子カルテに慣れ親しんだ、或いはSNS社会で育ってきた方たちが、

継続して実践できる訪問看護の環境を整備することは、とても自然なことのようにも思えます。

 

新しい力を受け入れるために、いま訪問看護は変わっています!

 

 

iBow 導入事例

  • 要望をすぐに伝えられて、実際に改善してくれる。エンジニアと一緒に仕事をしている感覚を得られます。

  • システム化でファイルの厚みが半分以下に。紙の管理ではお伝えが難しかったことも、伝えられるようになりました。

  • 他のシステムと迷ったけれど、iBowのスタッフが親身になって対応してくれたから、ここに決めました。

もっと導入事例を見る

訪問看護記録システムのiBow(アイボウ)から
訪問看護に関するお役立ち情報などをお届けします!



お役立ち情報一覧

電話で問い合わせをする

0120-49-0333

受付:9:00~18:00(土日祝は除く)

メールでお問い合わせをする

お問い合わせフォーム

人気記事

  •  
    (平成30年度)「理学療法士等による訪問看護」について疑義解釈が出ました

    2018.03.23

  •  
    (平成30年度)診療報酬・介護報酬同時改定特集vol.2~24時間体制の評価が変わります!~

    2018.03.21

  •  
    兵庫県内訪問看護ステーションが対象!ICT導入補助金のお知らせ【事業計画書提出〆切迫る!】

    2018.03.02

iBow 導入事例

  • 要望をすぐに伝えられて、実際に改善してくれる。エンジニアと一緒に仕事をしている感覚を得られます。

  • システム化でファイルの厚みが半分以下に。紙の管理ではお伝えが難しかったことも、伝えられるようになりました。

  • 他のシステムと迷ったけれど、iBowのスタッフが親身になって対応してくれたから、ここに決めました。

もっと導入事例を見る

電話で問い合わせをする

0120-49-0333

受付:9:00~18:00(土日祝は除く)

メールでお問い合わせをする

お問い合わせフォーム

資料請求・デモお申込み

セミナーお申込み

体験スタート




このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

それでは訪問看護へいきましょう!

iBowにログインした後のメインメニューです。

これで訪問看護に必要なメニューは全てになります。

大きな文字で見やすく、システムに馴染みがない人でも直感的に操作できます。




このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

相棒太郎さんを選択!

今から行く利用者を選択します。

ここでは利用者の一覧を確認でき、お誕生日の利用者にはケーキマークでお知らせします。
訪問に行く日の指示の有無、それに対応する保険の有無が一目で確認できます。

また緊急訪問看護(介護)もしくは24時間体制(医療)加算算定者には急マークで一目で確認できます。




このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

行く前に、相棒三郎さんの詳細情報を確認しましょう!




このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

住所をクリックして地図を表示しましょう!

詳細情報は利用者の住所や電話番号、主治医やケアマネの連絡先などが確認できます。

また主治医からの指示内容やキーパーソンの連絡先、利用者の申し送り事項(鍵の置き場所や、電話の掛け方などの個人的なルールなど)も表示しています。




このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

訪問看護を開始しましょう

住所をクリックするとgoogleの地図が表示されます。
重たい地図を持ち運ばなくても大丈夫です。




このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

訪問看護開始です!

利用者宅に到着し、訪問看護を開始する場合は「開始」を選択してください。

もし利用者がご不在だった場合は「不在」を選択してください。

不在、キャンセルの場合は業務日誌に自動的に利用者名と不在が記載されます。




このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

訪問看護開始です!

訪問看護が開始されると、経過時間がカウントされます。(ビジネスモデル特許取得)

訪問看護中に確認したい項目は全て1クリックで確認できるように、青いボタンで配置されています。

前月の報告書、最新の計画書、前3回の記録などが確認できます。




このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

記録を作成しましょう

前月の報告書を確認できます。
報告書作成はとっても簡単です。

一ヶ月間に作成された記録書から、訪問日のカレンダーへの記号登録、バイタルの上限値、下限値、看護内容が自動的に転記されます。

また症状報告や衛生材料報告などは、前月の報告書内容が転記されていますので、必要箇所を編集するだけです。




このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

写真を登録しましょう

日々記録は看護メモとして訪問看護中に作成が可能です。
もちろん看護終了後に修正・追加も可能です。




このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

次は、加算項目を登録してみましょう

写真は4枚まで1枚の帳票に添付可能です。
写真の下にはコメントも記載できます。
またiBowで撮った写真はiPadなどの機器の中には保存されず、全てクラウドサーバに保存されますので、もしもの紛失などの時でも安全です。




このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

日々の加算項目をチェックしましょう

加算項目は日々の加算のみチェックします。特別管理加算や緊急訪問加算などの基礎的な加算は利用者情報に設定しておく事で、レセプト実績(月の1回目の訪問)に自動的に加算されますので、取り逃がしを防止します。
医療の同一日同一建物加算は同一建物対象者のみ加算項目が出現するなど、利用者の状態・状況に合わせて加算項目が出現します。

またiBowは日々の記録を作成する事で、レセプトの実績登録が自動的に完了します。医療保険での訪問看護、介護保険での訪問看護の実績登録も、iBowが自動的に判断し実績を登録しますので、レセプトが不慣れな方でも保険算定の間違いを完全防止できます。




このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

同行者を選択しましょう

同行者の記録も忘れずに行えます。
同行しているスタッフのお名前をドロップダウンで選択する事で、副訪問者が記録されます。
また複数名訪問看護加算を算定する場合は、「あり」をチェックする事でレセプト実績にも反映されます。
その場合、副訪問者の資格種別による算定の違いも自動計算されるので、返戻防止になります。




このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

本日の状態を記録しましょう

本日の状態はバイタル以外にも療養管理に必要な項目を記録できます。
この項目は全国のiBowをご利用いただいている看護師さんからのご指導のもと項目を設定しています。
項目の下部には一番最近記録されたデータが表示されていますので、前回比や著変がすぐに確認できます。
またバイタルの計測は一度ではないので、2回目のバイタルも記載できます。




このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

ADLを登録しましょう

ADL項目は訪問看護ステーションごとに、項目と選択内容をカスタマイズできます。
ご自身の訪問看護にあった内容に変化させる事ができ、選択項目を充実させる事で、 記録を書く時間を短縮できます。




このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

看護内容を登録しましょう

看護内容もADLと同様に訪問看護ステーションごとに項目のカスタマイズができます。

看護内容を選択すると月次の報告書に自動転記されます。
また一ヶ月の訪問看護ステーション全体での看護内容の統計をとる事もできます。




このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

褥瘡対策看護計画を登録しましょう

褥瘡対策看護計画を作成しておく事で褥瘡部位がDESIGN-Rで評価できます。
DESGIN-Rの評価項目を選択する事で、点数計算が自動的にされます。
また危険因子の評価も生活自立度を褥瘡対策看護計画書に記載しておく事で、評価対象者のみ記録書に項目が出現されるので、評価漏れが防げます。




このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

音声入力も可能です!

キーボードでの文章入力が苦手な方はタブレット端末の音声入力機能を利用できます。




このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

服薬管理も可能です!

服薬情報も管理できます。
また服薬情報は現在有効の情報が看護サマリーに自動的に転記されます。
看護サマリーに服薬情報が記載されている事で、入院先医療機関などに非常に喜ばれます。












このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

記録書2が簡単作成できる!

出来上がった記録書2です。
写真データは最大8枚まで添付が可能です。記録書が完成し、提出するとレセプトの実績登録が完了します。









このサイトに掲載している文章、イラスト等全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
一部または全部を弊社に無断で複写(コピー)複製(ダウンロード)転載(貼付)などを行うことは法律で固く禁じられております。

資料請求・デモお申込み スキルアップ研修お申込み