訪問看護ステーション開設マニュアル②~必要な人員や申請書などの書類について~

訪問看護ステーション開設マニュアル②~必要な人員や申請書などの書類について~

新たに訪問看護ステーションを開設する際に、開設までの流れや必要な手続きに迷われる方も多いのではないでしょうか?前回は訪問看護ステーション開設までの準備物について紹介しました。
>前回記事 問看護ステーション開設マニュアル①
今回は必要な人員や申請書などの書類についてピックアップしていきましょう。

目次

人員を揃えよう

訪問看護ステーションの設立にあたり、看護職員として保健師、看護師又は准看護師が常勤換算にて2.5名以上必要です。常勤換算とは、例えば半日勤務の非常勤職員は、常勤職員0.5人と数えて計算します。また、管理者として常勤の保健師または看護師が必要です。
(管理者は看護職員を兼ねることもできます。)

例えば、管理者が看護職員を兼ねる場合は、他に常勤換算で1.5人以上の看護職員を確保できれば、訪問看護ステーションを開設することができます。また、必要に応じて、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による訪問看護を実施することができます。訪問看護ステーションを設立するにあたり、以下の表のように職員を集めることが必要です。

職種 要件 資格
管理者 常勤1名
(注1)
看護師、保健師
看護職員 常勤換算で2.5名以上
(注2)(注3)
看護師、准看護師、保健師
理学療法士など 任意 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

ただし、管理者は次の要件を満たす必要があります。

●医療機関における看護、訪問看護または老人保健法第19条の訪問指導の業務に従事した経験のある者

●保健婦助産婦看護師法第14条第3項の規定により業務の停止を命じられ、業務停止期間終了後2年を経過しない者に該当しない者

訪問看護の人員基準の2.5名というのは、それほど難しい基準ではありません。ですので、人員基準を満たすことは容易と言われていますが、看護師は多くは病院で従事しており、訪問看護師を確保しにくいという現状があります。人材確保が必要な場合は、ハローワークなども積極的に活用していきましょう。

(注1)管理者は、看護職員と兼任することも可能です。
(注2)看護職員は1人は常勤職員が必要になります。
(注3)常勤換算とは、常勤の職員を1名とし、半日勤務の非常勤職員は常勤職員0.5人と数えて計算します。

申請書などの書類を揃えよう

揃えなければいけない書類は以下のものがあります。

☑指定居宅サービス事業所・指定介護予防サービス事業所 指定申請書
☑訪問看護・介護予防訪問看護事業所の指定にかかわる記載事項
☑定款のコピー(原本証明が必要です)
☑登記事項証明書
☑従業者の勤務体制および勤務体制一覧表
☑役員名簿
☑欠格事由に該当していない旨の誓約書
☑組織体系図
☑管理者の資格証のコピー
☑訪問看護員の資格証のコピー
☑事業所の写真(外観・内観)
☑事業所の平面図
☑事業所の案内地図
☑事業所が賃貸である場合はその賃貸借契約書のコピー
☑運営規程
☑資産の状況を証明する書類
☑ご利用者の苦情処理を講ずる措置の概要
☑損害保険加入を証明する書類
☑介護保険給付に係る体制等の状況一覧表

申請書などの書類を提出しよう

申請のための書類を全て揃えたら、申請書類を都道府県もしくは市町村の窓口に提出しましょう。申請の期日や提出場所は管理している都道府県によって異なります。申請をする時は各自治体にお問い合わせください。
申請してから申請が下りるまでの期間は半月~1ヵ月です。

宣伝、広告をしよう

利用者を紹介してもらうために、前職の病院のお医者さんやソーシャルワーカー、介護施設などとパイプを積極的に活かしましょう。また、ホームページやチラシがあれば信頼度が上がり、お仕事を紹介してもらいやすくなるでしょう。

開設1年以内は実地指導に要注意!人員基準が大切

新規開業から1年以内に多くの事業所が実地指導を受けます。実地指導で最も留意しなければならないのは人員基準です。訪問看護ステーションの設立にあたり、看護職員として保健師、看護師又は准看護師が常勤換算にて2.5名以上必要となりますので開業1年以内の実地指導ではとくに人員基準は必ずと言っていいほど確認されることが多いでしょう。

常勤換算表が自動作成できる iBow KINTAI

実地指導でも便利な訪問看護専用電子カルテ「iBow(アイボウ)」から誕生した新サービス、iBow KINTAI(アイボウ キンタイ)は訪問看護専用の勤怠管理サービスです。自宅や訪問先から、iPhoneなどのモバイル端末を使って出退勤打刻ができます。直行直帰やテレワークにもお役立てください。​iBow KINTAI(アイボウ キンタイ)では日々の出勤打刻をもとに常勤・非常勤・職種を区別して、勤務形態一覧表※を自動作成します。​作成した勤務形態一覧表は、ボタン1つでエクセル出力も可能となり、予定と実績を切り替えられるので、常勤換算を見通し予測しながら毎月運営ができます。​​​

常勤換算表

※厚生労働省によって定められている「従業者の勤務体制及び勤務形態一覧表」

iBow KINTAIは ずーっと無料 でご利用いただけます。スマホでタイムカードができるiBow KINTAIのお申込はKINTAI特設サイトから!まずはお気軽にお問合せください。
※一部有料機能があります

iBowKINTAIを申し込む

訪問看護ステーションの新規開業をトータルサポート!
新規開業パーフェクトコース

訪問看護ステーションの立ち上げには、資金調達の他にも様々な手続きや準備が必要です。訪問看護の開業に向けて準備に不安を持っている方もいるのではないでしょうか?そこで、おすすめしたいのが、「新規開業パーフェクトコース」です。多くの新規開業ステーションをサポートしているiBowは、その知識や経験を活かし、『新規開業パーフェクトコース』 で新規開業に向けたサポートも行っています。
(※新規開業パーフェクトコースはiBowご契約のお客様のみとなります)

新規開業パーフェクトコース内容 

新規開業準備に伴う必要な知識を分かりやすく解説!!

①いつでも見られるセミナー動画
開業までに知っておきたい訪問看護の基礎知識や、開業に必要な採用や物品準備など、6つのセミナーがいつでも見られます。

②オリジナルでも使える書類テンプレート
採用時の書類や、利用者様との契約書類申請時に必要な書類などを、テンプレートしてお渡しします。ステーションに合わせて編集も可能です。

③レセプト時にも安心請求ガイド
請求時に役立つ「訪問看護関連報酬・請求ガイド」をプレゼントいたします!

まずはお気軽に、ご相談ください。

新規開業についての 相談をする

まとめ

今回は訪必要な人員や申請書などの書類についてピックアップして紹介しました。何事も最初の立ち上げが一番大変です。しかし、自分の理想とする看護を実現するために、一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。iBowも全力でサポートします!また、スムーズに訪問看護を運営するために訪問看護の電子カルテの導入をおすすめします。訪問看護の電子カルテがどういうものか知りたい方はぜひ、iBowにご相談ください。

訪問看護電子カルテについての相談をする

 

これから訪問看護立ち上げの方向け!
あわせて読んでほしいおすすめ記事

ステーションを立ち上げられるにあたって、お悩みや不安は尽きませんよね。iBowお役立ち情報では訪問看護の皆さまに役立つ情報を配信しています。今回の記事と合わせてこれから訪問看護の立ち上げを考えている方にぜひ、読んでいただきたい記事をピックアップしました。ぜひ、こちらの記事もチェックしてみてください!

 

訪問看護ステーション開設マニュアル①~開設までの準備について~

訪問看護ステーション開業マニュアル1訪問看護の立ち上げを思い描いていても、いざ準備を始めてみると何から始めていいのか不安に思っていませんか?この記事では開設までの準備物についてピックアップしています。

 

 

> 記事の続きを読む 

訪問看護ステーション~スムーズな新規開設の秘訣~

訪問看護スムーズな新規開設の秘訣在宅療養が進む中、「自分の理想のステーションを作りたい」と新規ステーションの開業を目指されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。これから訪問看護の新規開業を目指す方へ、在宅医療への「思い」を大切に、スムーズな訪問看護ステーション開設の秘訣をご紹介します。

> 記事の続きを読む 

訪問看護の立ち上げを考えていませんか?開業に必要な指定基準を理解しよう

訪問看護の指定申請訪問看護ステーションを開業するためには「指定基準」というものを満たさなければいけません。この記事では 指定基準 について説明します。

 

> 記事の続きを読む 


資本金って何?訪問看護を立ち上げる際に知っておくべき知識

資本金って何新しく訪問看護事業を創めるのは予想以上に大変であることは、言うまでもない事実です。また、会社を立ち上げるにあたり、資本金や純資産、流動資産、固定資産など似たような難しい言葉も多く出てくるので、よくわからない、という方もいるのではないでしょうか。訪問看護を立ち上げる際にまずは知っておくべき資本金についてまとめました。

> 記事の続きを読む 

訪問看護ステーションを開設するのに必要な費用

訪問看護に必要な費用訪問看護ステーション開設に必要な資金について紹介しました。訪問看護の立ち上げ前後は想定以上に出費がかさみます。事業をスタートしてから資金不足で困らないように、事前に必要な資金を確認し、準備しておきましょう。

> 記事の続きを読む 


介護経営コンサルタントに聞きました!訪問看護ステーション開業時に気になる資金調達

訪問看護資金調達訪問看護ステーションを開業する際にあたり、自分の貯金だけで始めることができない場合、どこからお金を借りることができるだろうかと心配になる方も多いかもしれません。そこで、日本クレアス税理士法人上田公認会計士事務所 介護経営コンサルタント 大藪 直史 様にご紹介いただきました。

> 記事の続きを読む 

 

この記事をSNSでシェアする

RANKINGアクセスランキング