Useful Information

お役立ち情報

(訪問看護の労務管理①)求人掲載のポイントをお伝えします

「労務管理」という言葉を聞いたことはありませんか?皆さんは「労務管理」と聞いてどのような業務をイメージされるでしょうか?

スタッフがその能力を最大限発揮するために必要な環境を整えるには、いくつかの管理が必要になります。労働者と使用者・経営者との間で結ばれる多様な約束事、労働時間や休日・休暇、福利厚生はもちろん、賃金や賞与、手当てといった「労働条件」にまつわる施策や制度、これらを管理することを「労務管理」と言います。

具体的には、求人・採用から始まり、配置や異動、人材育成、人事評価、賃金および労働時間の管理といった、企業が社員に対して行うすべての管理の総称です。
企業として生産性を上げつつ利益を増やすことは、最重要事項といえるでしょう。だからこそ、的確に人事管理や労務管理を行っていく必要があります。

訪問看護ステーションは訪問するスタッフの人数が増えれば、対応できる利用者数も増えていきます。人材を確保することも「労務管理」として大切な事となります。

今回は訪問看護の労務管理から「求人」についてピックアップしご説明します。

求人掲載の注意

スタッフの募集を行う時WEBサイトや紙媒体など求人広告を活用する方が多いと思います。

応募者が求人広告を見る際に2つの視点があります。

①現在同時に掲載されている他の求人広告との比較という視点
②自分がかつて務めた企業との比較という視点

訪問看護ステーションでの採用は、中途採用が主流だと言われていますので、上記の視点のうち2つ目の「過去との比較」という視点に着目してみましょう。

中途採用の場合、応募者の多くは過去に数社の勤務経験があります。その転職動機として、前職の労働条件や労務管理に不満があって転職する方々が少なからずいるでしょう。

世間では当たり前の労務管理が行われていない実態が多く、職場環境に不満があり退職した労働者は、ずさんな労務管理の現実を経験しています。

 

例えば、
・限度を超えた長時間労働
・残業代が出ない
・健康診断を受けていない
・労働条件が勝手に変更される
・有給休暇など無いと言われた

 

このような職場環境で働いていた求職者層がかなりいるのではと推測できます。
そういった方が以下の募集要項を見たとき、どのような事を思うでしょうか。

 

■募集要項■
勤務時間:9時~18時(休憩1時間)
賃金:月給25万円
休暇:有給休暇、慶弔休暇
待遇:各種社会保険完備

 

おそらく、以前の職場環境の経験から

・本当に1時間休憩があるのか
・本当は何時まで働かせられることになるのか
・残業代はあるか
・有給休暇、慶弔休暇って書いてあるだけじゃないだろうか
・社会保険は初日から入れてくれるのだろうか  
…など

 

このような事を思うのではないでしょうか。

過酷な職場環境を経験した求職者にとっては、特別魅力的で有利な労働条件を提示できなくても、職場環境の疑問に丁寧に答えられるだけでも武器となります。

規模が小さい会社の場合、特別有利な労働条件を提示できることは少なくても、

当たり前の労務管理が出来ている場合は、そのことをきちんと文字で応募者にアピールすることが大切です。

 

[求人広告の記載例をご紹介]
⇒  ありそうでなかった!訪問看護のお悩み対処法

より効果的な求人広告にするには

一緒に働きたいと思う応募者がいても勤務できる時間が短い、通勤時間が長いなど条件に合わない場合、採用の見送り、もしくは内定の辞退ということも多いと思います。

「看護職」はまだまだ女性の割合が多く、残業やオンコールのある訪問看護は、子育てと仕事の両立は難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。新型コロナウイルス感染症の影響で3密を避ける働き方や訪問看護のテレワーク、時短勤務など、応募者のニーズに合わせて柔軟な働き方に対応できる環境も、求人広告では大きなアピールとなります。

 

[新しい働き方!訪問看護のテレワークをご紹介]

⇒ 動画でみる「訪問看護のテレワークセミナー」

⇒  【無料】「訪問看護のテレワークマニュアル」のお申込はこちら

 

また、訪問看護では紙カルテでの書類作成による残業を経験した応募者もいるでしょう。そこで、応募要項に「電子カルテ導入済」等、ICT化に対応している旨を、求人広告に掲載することで強みとなります。

⇒ 訪問看護でのシステム活用についてのご相談はこちら

 

訪問看護では多くのステーションがスタッフの採用に関して悩みを抱えています。
スタッフの採用を検討しているステーションはぜひ、求人のポイントを活用してみてください。
次回は募集後の採用について説明いたします。
引き続きiBowのお役立ち情報をチェックしてくださいね。

この記事をSNSでシェアする
あわせて読みたい記事